ペットの薬にもあるジェネリックへの理解を深めましょう。

サイトマップ

トップバナー

ペット薬のジェネリックその2

ジェネリックは新薬

私が処方されている薬で1錠あたり200円もする高額な薬があるのですが、ジェネリックに変えることで1錠100円にすることが可能になったのです。こういったサービスがあると誰もが得をしますよね。知っている方も多いと思いますが、ジェネリックは新薬と呼ばれることが多いのです。

後発医学品

新薬には特許があり、値段も高くなっていますが、特許期間は同じ薬を販売することが出来ないようになっているのです。理由は、新しい薬は開発するまでに長い年月がかかっていて、費用が膨大なので回収しなければなりません。そのためには、新薬を開発した20年後まで専売特許の期間が継続します。

他の会社で安く作ることが出来たとしても、類似品の薬は作成が禁止されているのです。仕方のない私たちは高い新薬を購入するしか手がありませんでしたが、特許器官が終了すると他の会社が同様の成分を持った似たような薬を開発することが可能になり、これを後発医学品と呼び、ジェネリックになります。

人間の薬と同様の扱い

ポイント

新薬では成分の有効性もあり、安全性も確認済みで短期間の研究開発なので、すぐ に商品化することが可能です。薬は許可に時間がかかるといわれていますが、新薬 でも似たような成分なので許可も早いのです。新薬と同じ効果があるのに値段が安 くなり、多くの方が利用すると思います。

低価格なので一度試してみる
足をつまむ

新薬を使っていた方はジェネリックに不安を感じると思いますが、低価格なので一 度試してみると良いかもしれません。私は持病薬をジェネリックに切り替えていますが、薬が数種類あ るうちの半分は特許期間中の新薬なのですが、全てをジェネリックに変えることが出来れば薬代が安く なので、ジェネリックが待ち遠しいです。今は抵抗感がある人たちもそれしかなくなって慣れてしまえば 違和感がなくなりますよね。逆に値段が安すぎてビックリしてしまうかもしれません。

ペットの薬の基礎的知識