保険のきかないペット治療は高額であることを理解しましょう

サイトマップ

トップバナー

ペットの薬とペット保険

最近では昆虫類や爬虫類も

あなたは動物を飼っているでしょうか。ペットブームが続いている現在で、ペットは動物だけではないと思います。最近では昆虫類や爬虫類もとても多くの方に愛され飼育されています。どういったペットに愛情を注いでいるのでしょうか。ペットが病気になると飼い主さんもピンチでしょう。

わが子に対する気持ちと同様の気持ち

どうにかして病状を改善してあげたくなったり、できるなら治療をきちんと受けさせてあげたり、薬も買ってあげたいとわが子に対する気持ちと同様の気持ちが産まれるのではないでしょうか。家族同然で可愛がっているペットには最善のことをしてあげたくなるでしょう。

ここで大きな壁が目の前に現れるのです。治療費、薬代、私たちが病院に行ったりお薬をもらう際には、保険が適応されるのです。ですがペットにはこういったシステムが存在しないので、治療費とくすり代は軽い病状であっても、とても大きな額となってしまうのです。

システム

ポイント

どうしてに人間には適応されるのに、ペットには適応されないのでしょうか。法律 上ペットは人間とは異なり、品物として扱われるのです。治療は医学という部門で はなく、獣医で受けるものはサービスとして考えられるという何とも理不尽な法律 が設立されているのです。

ペットの治療は医療行為ではなくサービス
ごはん時間

ペットの治療は医療行為ではなく、サービスを受けているという考えが正しいので す。サービスの提供価格は自由価格なので、動物病院側が好きなように価格を設定 することが可能となっています。動物病院が豊富に出来て、価格競争になると飼い 主たちも助かりますが、そこまで現実は甘くありません。自由価格ですので、業界全体で大体の暗黙 の価格があると値段は思ったように下がってこないのです。

ペットの薬の基礎的知識