ペットのノミ対策は基本的に薬で治すことを覚えておきましょう

サイトマップ

トップバナー

ペットの薬でノミ対策

ペットの存在価値がかなり高まっている

これをご覧の方はペットと暮らしている方でしょうか。昔は犬でも猫でもペットは全て放し飼いで適当にえさを与えるような存在だったのですが、現在はペットの存在価値がかなり高まっています。例えば、ペットが最期を迎えた際、お墓を作ってあげ、しっかりと供養する飼い主さんもいるほどです。

ペットを感染症などから守るためにも必要不可欠

それほどまでにペットは家族同様の存在となり、わが子のように愛情を持って大切に育てる家庭が増えているのです。ペットブームはこれからも継続していくものとなるでしょう。そんな中、ペットにはとても身近な悩みとなるであろうノミやダニの対策をどのようにしているのでしょうか。

犬や猫のノミの対策は飼い主が困ることを防ぐだけではなく、ペットを感染症などから守るためにも必要不可欠なのです。ペットについていたノミに飼い主が噛まれてしまうこともあるのですが、かなりかゆいでしょう。赤く腫れかきむしってしまうと跡になったり、布団に寄生されると夜も寝られなくなるでしょう。

人間とペットを守る

ポイント

薬をペットに使用したくないと思っている方も多くいるのですが、自分の目でノミ やダニを見つけて退治することは困難な作業になると思います。ノミは目に見える のですが、私たち人間がそれを探して、退治することはかなり難しい方法となるの で、基本的には薬で退治しましょう。

ノミはただの虫ではなく外部寄生虫
見つめる犬

また、ペットの毛の中にもぐりこんでしまったり、絨毯で見つけても飛び跳ねて逃 げてしまうのです。ノミはただの虫ではなく、外部寄生虫なのでペットの体に寄生 するとペットを苦しめてしまう結果となるのです。痒みのせいで、ひっかいたり、 かんだりするので、皮膚炎の原因にもなります。ですので、ノミに対する対策は普段からしっか りと取っておく必要があるのです。目には見えないものなので、ペットの動きなどに常に気を配りましょう。 普段と違うな、という動きをしたら要注意です。

ペットの薬の基礎的知識